« July 2005 | Main | September 2005 »

Aug 17, 2005

W杯最終予選 日本-イラン


W杯出場をすでに決めて、消化試合となった日本ーイランの最終戦。
スタメンはGK川口、田中、宮本、中澤の3バックに福西、遠藤のボランチ、
三都主,加地、小笠原、2トップは玉田、大黒。

序盤から日本は積極的にプレイ。よせも、こぼれ球への反応も早い。

日本の時間帯が続いて、そろそろかな?という匂いの漂う前半28分、
左から玉田のクロスに大黒がニアでつぶれて、
走り込んで来た加地が決めて1-0!
加地は代表34試合目に嬉しい初得点。

日本は攻守の切り替えが早くて、パスや動き出しもきびきびとしていた。
みんなが前を向いて終止プレイできてる。

前半終了間際、少しイランの時間帯になり、ダエイのシュートが右ポスト
に直撃して、ちょっとひやりとしました。

後半は日本の運動量がぐっと落ちて、イランも巻き返してくる。
やっぱり個人個人はうまいんだよね。トラップとか。ドリブルとか。

30分、ゴール前混戦で、大黒が押し込んだシュートをGK後ろ向きに
はじいてしまい2-0!このままいくのか?

しかし直後に日本自陣前で前を向いたダエイを中澤がファウルでPK。
ダエイ落ち着いて左隅に決めて2-1。

その後は日本は落ちついて試合を終わらせなければならないところ。

 ここで今野登場ですよ!

うひーーー!   A代表初キャップですよ!!!
(追記:コーフンして東アジア選手権のこと忘れてるよ……わたし
          正確には3試合目ですね)

今ちゃん果敢にアターック!

阿部ちゃんも投入され、
最後は今ちゃんいやらしくボールキープして
終了!!!!

 勝った〜!

一抜けそして一位通過だ!
(今日何気にFIFAランクはイランに抜かれてたけども!)

今日は皆とてもとてもいい顔していたなぁ。

代表のみなさん、お疲れさまでした。
今日はいなかったけど、予選を戦った選手たちみなさん、お疲れさま。

休む暇なくJ再開だ、海外組は開幕だ!
そして次の船に乗り込もう!

| | Comments (5) | TrackBack (1)

Aug 07, 2005

東アジア選手権 日本-韓国

いいとこ持ってくね!ボンバー!

引き分けの中国戦から田中達也を玉田、GK土肥に変えての追試。
試合前の両チームの握手がとても和やかだった。
笑顔も見えて。

選手たちの表情はとてもしまっていて、それぞれの先取が持ち味を出して
気持ちの入った試合。(シュートまでなかなか行かないんだけど……)
村井のドリブルとか、巻の当たりとか、阿部ちゃんのFKとか。

押したり押されたり一進一退をくりかえす。どちらかというと韓国ペース
なわけだけれども。
韓国も最後の決定力が低い。イチョンスも今イチキレがない。
土肥はオオアタリだったけどね!5本くらいは枠にいったのを止めた?
すばらしい集中力だったと思います。

今ちゃんもいい読みからいくつも攻撃の芽をつぶしてましたね!
なんつーか お母さんとても嬉しかったわ……っていうような気持ちで
目を細めて見ていました。

後半痛んだ坪井に変わって入った中澤。
その後小笠原、大黒も投入されて、
後半終了間際、小笠原のコーナーを中澤足でちょと合せてGKのまたを
抜いてゴール!
1-0で勝ち、終わってみれば中国に次いで2位という結果。

いやー、なんだかとても不思議な大会になりましたね。
ジーコはこの試合の結果をどのように受け止めて、これからのチームづくりを
していくのでしょうか?
今日はほとんどの選手がその個性を出しながら集中していい試合をし、
なによりも欲しかった勝利という結果を出す事ができたわけですが。

次のイラン戦のスタメンがとても楽しみです。

・韓国のスーパースターは中村と本田(鹿島)に似てる。

・韓国のGKはいつ見てもカンフー映画にでてくる料理屋のおじさん
(しかしカンフーの使い手)みたいな人、そして次長課長の河本的。

・本山の短髪は思いのほかお似合い。

・副審のオフサイドフラッグの上げ方がおもしろかった。
 なんだか怒ってるみたいで……。

・角沢さん、ジェフユナイテッド市原って二回言ってたよ……。
 あと、攻守に効いてる土肥って……。

・巻選手、お誕生日おめでとう!ヘアバンド似合い過ぎ!

| | Comments (5) | TrackBack (1)

Aug 06, 2005

やけっぱちで予想してみる

とりあえす 予想してみる

   巻
 大黒    本山
三都主   阿部  
             駒野
      今野     
中澤  宮本  田中

    土肥                 

※これはあくまでも予想です

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Aug 04, 2005

東アジア選手権 日本ー中国

スタメン総入れ替えはいいんだけど、どうして先に発表する?
わたしたちの新鮮な驚きを奪うのはなぜ?ジーコさん。

楢崎、茂庭、茶野、坪井の3バック。
左村井、右駒野、阿部と今野のボランチ、本山トップ下、
巻、田中達也の2トップ。

最初の20分くらいはそれはもう、わくわくしました。
みんな引き締まったいい表情をしている。
あの今ちゃんのヘッドが決まっていれば……!

人生にはさまざまな困難が待ち受けています。
引かれてにっちもさっちもいかなくなったとき、
いったいどうやって切り抜ければいいのか?
どうやってこの困難を乗り越え、新しい道を歩き出すか。
人生には工夫が必要だ。
工夫は楽しいものであるはずなのに、なぜか頭が一杯になって
楽しいことを思いつかない時、
人は横パスを回すのでしょうか……。

中国の選手たちは大きくて、がっちりしているなぁ……。

ミスから2点先制されちゃった後半、阿部のFK茂庭が押し込んで1-2。
終了間際田中達也のシュートで2-2に追いつく。

田中達也の見開かれた瞳、過ぎ行く時間、
通らないパスの中で何を見たのか。

試合は何とか引き分け。

今ちゃんもきらりと光るプレーがあったけど、
ああ、かえすがえすもあのヘッドが決まってればな〜〜〜〜〜〜〜!!!

次の韓国戦、いったいどんなメンバーになるのだろう。
最初の試合に戻る、かな?
田中は使われるかもしれないね。

この大会を実りあるものとするためにも、韓国戦、頑張って欲しい。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

« July 2005 | Main | September 2005 »