« June 2005 | Main | August 2005 »

Jul 31, 2005

東アジア選手権 日本-北朝鮮

もっと強く!早く!そこ!

前日会見でスタメンを発表しなかったジーコ。
さて、フタを開けたら、入れた時と同じ鳩が出て来た!というような
順当な(……というか驚きはない)スタメンでした。ま、それはいいとして。

川口。田中、宮本、中澤の3バック。
いつもの両翼に福西、遠藤のボランチ。
小笠原トップ下、玉田、大黒の2topということで。

北朝鮮はW杯予選から19人中11人を入れ替えてきたとのこと。
そして、素晴らしい選手たちが気迫溢れるサッカーをしていました。
序盤からプレスをかけて、集中力が高く、組織的。
一人一人が当たりが強くて、粘る。玉際にも強いし。
何よりも躍動感があるんだよね〜。

それに対して日本はなんというか……オサレ?
スカしてるんじゃないの? なんだよそれ……というような連動性の無さ。

そしてバックパスのミスから失点。
かっこわり〜(涙

後半、田中を下げて本山入れて4バックにしてみたり、
玉田に変えて田中達也デビューさせてみたり、
遠藤に変えて巻をトップに入れてみたり。
打つ手は打った、ってところでしょうか?
巻と中澤のつくる壁は強そうだった。

今日はなんだかみんな重たい感じでしたけど、
日本の選手は明らかに北朝鮮選手に比べてコンディションが
悪かったのかしら?
それとも、コンディションの問題ではないのかなー。

一歩踏み出して、あきらめちゃうような。
どうせこないや、ボール、みたいな感じで。
ちぐはぐで、解り合えない恋人同士みたいな様子で。

チームって本当、すぐに変容してしまう。
もちろん構成員が違うわけだからアレだれども。

試合は0-1で負け。

しかし2人3人と囲まれてるのに悠長にボール持って奪われるのだけは
まぢでやめて欲しい……。意味がわからない。


韓国と中国は1-1で引き分けたらしいので、2勝すればいいのさ!
このわたしのがっかり感をぜひ喜びに変えてください!

そしたら 謝るから。

| | Comments (8) | TrackBack (2)

Jul 01, 2005

パズル

・波について考える。

・お気に入りのピアスの80%は失われている。
残った片方だけのピアスはいつまでもここにある。
掃除中に見つけてしまったアルバムや、古い日記みたいに
たまにそれらのピアスに見入る。

・好き嫌い好きのべん図を考える
重なったところを愛する。
正反対なものが交わっている場合もある。
ありえないものが交わって返ってその属性を際立たせていることがある。

・♪おとこには〜 たたかう〜 とき〜〜〜〜〜〜がくる〜
おんなにも闘う時はくる。
何かを選んで何かを失うことを「決める」時が。
人生は儚く短くて、選び取るものはそれを決める
神聖な儀式の上に成り立っている。

・言葉にしてしまったら終わりがきてしまうようで言い出せない言葉を
避けてたわいもない話をしているのがいいのか、
ぐさりと心をえぐるように愛したらいいのか、私には解らない。
希望と絶望の縁を歩く。

・客観性を持ちながら判断したいと考えているわけだが、
完全なる客観なんてない。
完璧なオーディオルームに人間が不必要なように。(ハルキ風

・想像力をネガティブに使うとどうなるか。
人は先回りして黒く塗りつぶしていく。
想像の中で一度体験して備えるのだ。

・歌がその場にいた人たちの心を過去へと誘う。
そしてみなの心をそのあるべき場所へと導くことがある。

・風間さんが言ってたんだけど、柔らかい人は速く見えないんだって。
アイマールとか、ジダンとか。

・昔の話で恐縮なんですけれど、
「ア・キ・ス・ト・ゼ・ネ・コ」という占いありました。
今はもうないのかな〜。
こっくりさんとか。
形を変えて生き残ってやしないか、気になるところ。
動物占いは『ペガサス』。

・好きな作家について。
特に好きな作品と、まあまあ好きなもの、色々あります。
たくさんの作品がありますので。
まず、信用しているかどうか?っていうのがあります。
本を読みはじめる時に、挑むように読むか、心を委ねることができるか。
好きな作家については、経験則に基づいて心の芯の部分を明け渡して
読んでいますので、大変無防備な状態であると思います。
それだけに感情の窪みの暗がりを曝け出しています。
喉元を空けるというか、なんというか。
撫でられることを許しているのですね。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »