« コンフェデ杯 日本ーメキシコ | Main | musical baton »

Jun 20, 2005

コンフェデ杯 日本ーギリシャ

光の角度が変わった

すごい〜! 勝った〜!

夜中にマンション内のいくつかの部屋から叫び声が聞こえましたよ。

なんということでしょう!

想像の中ではいつも こんな風に日本代表は試合してた!というような試合。

去年のちょうど今頃のギリシャもすごく暑かったんですよね。
(アテネオリンピックの頃……テレビで見てただけなんだけど)
太陽の角度が似てるなーと思いました。
強い陽射しが傾いて、ピッチがスタンドの長い影に少しずつ覆われていくところ。
ひさしぶりに見るオットーレーハーゲルさん。
チームというものは生き物ですね。刻々と移りゆき、かたちをかえてしまう。
怖いくらいです。


次のブラジル戦がまさに決戦!

わくわくです。

ロナウジーニョとかアドリアーノとかと、合成じゃなくて対決しちゃうんでしょ???

んー 興奮。

ジーコ監督も、そしてアレックスも人一倍強い気持ちを持っていることでしょうね。

ここまできたら、きっといい試合してくれるんじゃないかな?
とっても楽しみです。

|

« コンフェデ杯 日本ーメキシコ | Main | musical baton »

Comments

おとうさん、
ユーロでのギリシャのあの鬼チームプレイはたった一年前なんですよね。
あの後ギリシャも海外組が増えて、チームとしてのまとまりがなくなったのか、
コンフェデ前にしっかりとした準備ができなかったのか、シーズン明けで選手の
疲労がピークに達していたのか、その全部なのか……。
とにかくチームは変容するものだ、いい方にも悪い方にも、という試合でした。

福西は味方にすると頼もしいといいますが、本当ですね(笑)

Posted by: cocoa | Jun 21, 2005 08:24 AM

cocoaさんの喜びの声がここまで聞こえてきそうですね(笑)
昨日の前田といい、今朝の大黒といい、なんかとっても力がはいるゴールでした。結果が出るまで数秒間・・・んんんんんん・・・入ったか、わ〜(笑)

思わず1人で拍手でしたよ。

久々の本当に久々の好ゲームでした。ムズ〜リさんも書いているけど、「何があったんだぁ、ちょっと知りたい」(笑)

中村、加地、小笠原、柳沢、玉田らの個々の確変が臨界点に達して新制ジーコジャパンに生まれ変わったんですかねえ。

原因はともあれ、内容がともなった嬉しい勝利です。

Posted by: おとうさん | Jun 21, 2005 12:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コンフェデ杯 日本ーギリシャ:

» 遂に得た一勝。 [きままに代表ブランク *(バステン/gaku/roy)]
もう凄いよ大黒。日本が圧倒した試合だった。中盤で囲み素早いカウンターがバシバシ決まる。ボールを持つと一斉に選手が前線に動き出す。中盤の底からの奪ってカウンターは痺れるほど。日本はドイツで初勝利した。 素晴らしいゲームプランだった。省エネサッカーだったアジア杯やキリンカップの面影はなく、スタイルをまったく変えて世界に挑んだ。バックラインでまったりと廻しビルドアップするスタイルではなく中盤で囲み奪って前線に走り出し、カウンターを決める。その攻守の切り替えは素早くパス回しも早く、チャンスを数多く作っ... [Read More]

Tracked on Jun 21, 2005 05:54 PM

« コンフェデ杯 日本ーメキシコ | Main | musical baton »