« March 2005 | Main | June 2005 »

May 28, 2005

いいところを探す

キリンカップで2連敗しちゃって、その後の会見。

「2試合連続カウンターででやられちゃったことへの対策はあるのか」
という記者の質問に対して、

ジーコ「……それももう一度見直して、(こういう場合)誰がつくんだ、
ということをもう一度確認したい。速さやバランスはあるのだから、
そのあたりのところを確認して、バーレーン戦では二度と起こらない
ようにしたいと思う。」

「13本のコーナーが決まらないのはバーレーン戦へ向けて隠したのか」
(ものすごい皮肉っぽい質問!どなたかしら)

ジーコ「その対応策としては、やはり練習の反復によって精度を上げる
しかない。」

「 まあ、あれだけチャンスを作って、ゴールラインまでボールが行きな
がら、なかなか入らない。これがサッカーの怖さだ。全くチャンスが作れ
ないのであれば、かなり問題なのだが、これだけゴールに近づいてい
のだから、絶対に次の試合ではゴールを決められると確信している。」

……とここまで会見を読んでいると絶望的な気持ちになってしまいそう
なのですが、

鈴木の出来についての質問に、

ジーコ「まず、自分がここに座っているのは、選手をいろいろと評価する
ためではない。鈴木についていえば、確かに彼本来の良さが出ていな
かったかもしれないが、それでも調子が悪かったとしてもチームのため
に何ができるのか、少なくともチームのために走る、体をぶつける、倒
れても何とかボールを当てて味方につなげようという努力は見られたと
思う。
今、皆さんの間で笑いがもれたが、今まで大切な試合で彼がゴー
ルを決めて日本が助かったことはたくさんあったと思う。彼は頑張って
いたわけだし、自分もそんな彼を笑うことはできない。日本がワールドカ
ップに出場してほしいと、皆さんが本当に願うのであれば、選手を励ま
してやってほしいと思う。このプレーがうんぬんということではなく、これな
ら大丈夫だ、というような皆さんの声が、今の日本のチームには必要だ
と思う。そのあたりのところをよろしくお願いします。」

記者もサポーターも、「みんな頑張ってるんだから大丈夫!」なんて、
負けて生温いことを言いつづけて思考停止していることがいいとは
思えないし、このプレーがうんぬんということも大切だと思うんだけど、

会見でジーコさんがいつも選手を守ろうとしているところはいいな、思う。

たかうきさんにについてのところで思わずもれた失笑のようなものに、
びしっと言ってくれてるじゃないか。

ジーコ「今まで大切な試合で彼がゴールを決めて日本が助かった
ことはたくさんあったと思う。」

そうだ。その通り。

バーレーン戦の先発の予告をしてないところも、いいんじゃないかな。
久しぶりに黄金の4人が揃うのかしら……。
黄金の4人って懐かしいフレーズ。

ここまできたんだなー。
手のひらのコインは表と裏、どっちを向けるだろう?
すごく不安だけど、がんばれ日本代表!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 18, 2005

お散歩日記

騎士発見

五月の美しく晴れた日、こじんまりとした大学病院のあるバス通り。

2歳くらいの孫(女の子)の手を引いて、おばあさんがゆっくりゆっくり歩いています。

おばあさんは少し足が悪いみたいですが、お孫さんと何やら
楽しげに話をしている様子。

その女の子の隣に、引き綱なしのワンコがいるのです。
毛足の長い、茶色と黒のミックス犬です。

左からおばあさん、女の子、ワンコの順で並んで歩いているのですが、
ワンコは車通りや、おばあさんと女の子の歩調などをいつも気にして
いるみたい。振り向いたり、2人を見上げたり、寄り添っています。

ふとその小さな女の子がワンコの首のあたりに手をかけました。
女の子の腰とワンコの背中の高さは同じくらいなので、
まるで肩を組んでいるみたいです。

三人は病院の側にある調剤薬局の前で止まりました。
薬局に入っていくおばあさんを表で待つみたい。

女の子はワンコに何か話しかけています。

2人は何を話しているのかな?

その話の内容が知りたかったんだけど、
泣きそうな気持ちになって、そっと通り過ぎました。

しばらく行って振り返ると、女の子はワンコの頭をぐりぐり撫でていましたよ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

May 13, 2005

からん

いつも何かをつかもうとして

つま先立って手を伸ばしたとたん

からん と音がしてしまう

きみに気づかれたかな

ぼくの中身がからっぽなこと

うまくかくせてたらいいんだけど

ぼくの中身がからっぽなこと

ばれないように注意しなきゃ

うまく飾りをつけるんだ

安物に見えるのは承知だけど

ぼくは飾りをつけることをやめられない

きみの耳がいいのは

たぶん間違いない

だからぼくは祈るだけなんだ

からん という音が響かないように

きみが聞こえないフリをしてくれるように

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | June 2005 »