« 偶然の旅人 | Main | W杯最終予選 日本ーイラン »

Mar 16, 2005

ロロちゃんその後

近所の薬屋の犬のことを前に書いた。
あの頃工事していたロロちゃんの新築のマンションは完成し、
一階の薬屋の店舗も新しくなった。お引っ越しも完了。

ロロちゃんはもう信号無視をして横断歩道を渡らなくてすむ。
住み慣れた我が家は元の位置にもどったのだから。

……ところが新しい問題が発生していました。

ロロちゃんは気ままに散歩をしたい派です。

ところが新店舗の自動ドアが、タッチ式のそれに変わってしまったのです。
センサー式の自動ドアを気ままに(そして上手に)出入りしていた頃のあの
ロロちゃんの自由は失われてしまいました。

お店から外に出たい時、ロロちゃんはご主人様を上目遣いに見上げる
などして、己の気持ちを伝えているに違いありません。
店の中からは春の陽射しが目映いことでしょう。

ご主人様はそれと察して、そっとドアーを開けてくれるのでしょう。

……問題は帰りだ。

今日目撃したところによると、ロロちゃんは店の外の植え込みにマーク
をつけたり、そこいらじゅうの匂いを嗅いだり、行き交う人たちをチェック
したり、撫でてもらったりしていて、

そろそろお店に入りたいのだがドアは開かない。
……ご主人様は気づいてくれない。

「カリカリ」

最初は控えめな感じで自動ドアをノックします。(ドアは開かない)

まだ気づいてもらえない。

「カリカリカリ」

少し苛立ちながら、そして爪を立ててロロちゃんはドアを叩きます。

(開かない!!!!)

ご主人はお客さんに応対しているのでしょうか?
まだ気づいてもらえないロロちゃん、キレぎみです。

 自動ドアを掘ってます。

「カリカリカリカリカリカリカリカリ」

……やっと気づいてもらって、奥からご主人がやってきた。

そして……ドアを開けてもらえたのにロロちゃん中に入らない!

そうとうスネてます。

あ、ドアが閉まってしまいました。
ロロちゃんは少し怒っているようです。

ご主人さまがもう一度ドアを開けてくれました。
手招きされています。

ひと呼吸置いてから、ロロちゃんはお家に帰って行きました。

気持ちわかるよ、ロロちゃん。
愛されているとわかっていても、すねちゃうんだよね〜。

愛されすぎていると、見えなくなるものさ。

|

« 偶然の旅人 | Main | W杯最終予選 日本ーイラン »

Comments

くまおまさん、ロロちゃんについて実はわたしもよく知らないのです。こんど直接取材できたら、色々聞いてみたいと思います。特に代表のシステムのことなんかを……。
お嬢さんによろしくお伝えください。

Posted by: cocoa | Mar 30, 2005 09:18 AM

COCOA文豪(せんせい)お願いです。
「迷犬ロロ物語」を定期でお願いします。
小学生の娘にウケましたもので、続編是非。
誕生・成長編、恋と青春編、愛と冒険編(現在進行中)などもさかのぼってお願いしますだ。

Posted by: くまおま | Mar 29, 2005 01:50 PM

確かにロロちゃんは、挿絵のポチ風の雑種なんですよ!でもロロちゃんを連れて帰って庭を掘らせてみたら、ゴミの山……というオチだったような……(笑)

Posted by: cocoa | Mar 21, 2005 09:08 AM

cocoa様はご存知ないのですか。
あの自動ドアの中には金銀財宝が隠されていることを。ロロをこっそり連れかえり、ご自宅のドアを掘らせるのですよ。
フッフッフ
そうすればドアの中、あなたの部屋には宝物がザックザック!

財布と貯金通帳とハンコは確実に・・・

Posted by: くまおま | Mar 19, 2005 05:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロロちゃんその後:

« 偶然の旅人 | Main | W杯最終予選 日本ーイラン »