« January 2005 | Main | March 2005 »

Feb 27, 2005

メキメキ

何もかもが間違っているような気がする時の
やり直し方の第一歩を考える。

まず、深呼吸をしよう。

息を吸う。

ブー。

それが間違いだ。

息を吐く。
それから吸う。

新しい酸素がたくさん体に入ってくる。

肺がメキメキいってる。

春はとくに深呼吸がいい感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 20, 2005

さりげなく一周年

去年の2月17日からこの salon de cocoaを始めまして、
気づいたら一年が。

早い!早すぎる!

御贔屓いただいてるみなさま、ありがとうございます。

こちらに遊びに来て下さっている方の何人かには、本当にお目に
かかることができました。たいへん嬉しい出来事でした。
大人になると、新しい友人をつくるのもそう簡単なことではないですものね。

サッカーの話題(ライト)と、雑談とでなんだかまとまりのないsalon
ですが、これからもゆるりと続けてまいりますのでどうぞたまに覗いて
みてくださいね。

さて、中田こもマルセイユの一員となり、大久保もベッカムやロナウ
ジーニョとタイマンを張ることのできる環境に移籍。

Jのシーズンも間もなく始まりますね。
今日はMXテレビでFC東京の宮古島キャンプの様子などをつらつらと見て
おりました。
ダニーロと藤田くんのピアスと、相変わらずの今ちゃんの動きに釘付け。

いつも楽しく拝見しているエルゲラさんのblogサッカーのある幸せで、
2002年ワールドカップのあの一ヶ月のことがぎゅーっと掲載されています。
あのひと月は夢のような日々を過ごしていたのだなぁと、改めて思い出して、
ものすごく遠い目をしてしまいました。

毎日テレビで試合を見ていたなぁ。
わたしは埼玉の日本-ベルギーと、神戸のブラジルーベルギーに行きました。
たくさんの人と色々なものを共有していたなぁ。
二度とない、季節だなぁ。

         シミジミ。

はっ!

それはそれとして!
次はイラン戦なわけで、Jも始まるわけですし、
果てしなく続く道のりをゆっくりと歩くことにしよう。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Feb 19, 2005

さよなら  さよなら  さよなら   さよなら

さよなら  さよなら  さよなら   さよなら

さよなら  さよなら  さよなら   さよなら

さよなら  さよなら  さよなら   さよなら

さよなら  さよなら  さよなら   さよなら

さよなら  さよなら  さよなら   さよなら

さよなら  さよなら  さよなら   さよなら


一足早いお花見。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Feb 13, 2005

泉にて

「心に穴が開いたようだ」なんて表現があるけれど、
完全な形をした「心」に「穴」が開いてしまうのではなく、
心に穴というのはもともと開いているものだという感じがする。

心は「完全な穴」を持っている。

形のあわない栓がささっている。
それで水が漏れているときもある。
そしてまれに完璧に塞がっているときがあるのだ。その穴が。
そうすると漏れない。ピタリと。
そして心の泉がいっぱいになる。
とても豊かな気持ちになる。
でも、あっというまにその栓ははずれてしまうのだ。
気まぐれなパズルのように。
時間通りに列車が出発してしまったホームのように。

しかし、ここで大切なのは、ただ一点。
水はいつでも湧いている、ということだ。
次から次へと溢れている。
漏れるのより多いくらい溢れていると、自然と水をたたえることができるのだ。

空っぽになっても、また、ためればいいではないか。

と自分に言い聞かせる、そんなわたしの今の泉の状態は?

風邪で弱っていると、こうなる。
そして弱っているときほどくだらないことを考え続ける。
泉の畔で。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 09, 2005

W杯最終予選 日本ー北朝鮮

とりあえず叫ばせて。

勝ったー!

しかし本番の戦いは痺れますね。というか心臓に悪い……。
オガサの一点目のFKが瞬殺だったので、たんたんたんと点をとるかと
思いきや……。 
強い北朝鮮のプレスに引かされて詰められ、連携ミスなどもありちぐは
ぐに守備に追われる日本の中盤。どっちに転んでもおかしくない展開に。

川口のナイスセーブなどもありましたが同点に追いつかれました。
みんなどうしちゃったの?
中澤もなんだかいつものキレ味のいい動きじゃなかったんだけど……。
落ち着いてリラックスしているつもりでも何気なくさりげなく緊張して、
ギクシャクしてたのかなー?

予告通りの先発から、後半鈴木に変えて高原、
田中マコちんに変えて俊輔(4バックに変)、そして残り数分というとこ
ろで玉田に変えて大黒ですよ。
俊輔くんが入って落ち着きを取り戻して何度もいい形を作り始めました。
しかし高原のお約束のふかしなども盛り込まれつつ、すわ引き分けかと
天に祈りを捧げたその時に大黒の振り向きざまのシュート決まったー!

もう一度叫ばせてください。

勝ったー!


ああ、この先なんだかとっても重要な意味を持つ勝ち点3になりそうな予感。
試合は2-1で勝ち。ホームで引き分けたらえらいこったでしたね。

次のホームの試合ではぜひ、

 ジョン・健・ヌッツオさんの

腹の底から湧き上がる歌声

国歌を聴きたい!そして試合にぐっと気合いを入れて欲しい!
協会のみなさん、ぜひよろしく!

(石川さゆりさんもしっとりしてよかったですけど、
  決戦直前向きじゃないかもー♪)

あー、ぐったりと疲れた。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Feb 05, 2005

育つM心

歯医者に通っています。

歯医者でキューンと削られたりしている時、目は開けていますか?
わたしは基本的に目をつむることにしております。
目をつむっていても、顔に当てられたあのライトで視界は金色にぼや
けています。
カチャカチャと金属の触れる音。
トレーに置かれた数々の器具。

目を閉じたその黄金の世界の中で、口の中に入れられている掘削する
器具は、どんどんどんどん大きく、グロテスクなものに変わってゆきます。
チェーンソーの刃みたいに三角形のでっぱりが90度づつ互い違いに
なっているようなそんなモノで削られているような。
又は細い錐のようなモノにねじ回しのようにぐるぐると溝が入ったよう
な、キリキリとしたモノ。

削っている時、バキュームみたいなもので舌を押さえられていますよね?
それでもう、動いちゃいけないと思えば思う程、

 あの機械に舌がからまって

 大惨事になるところを想像して

震えてきちゃうんですよね〜。
もう、舌を動かしてはいけないと思えば思う程……!!!

キラリと光る先生の縁なしのメガネ。
「○○さん、力抜いて!痛くしないから(笑)」とかいわれても……

目の前の液晶モニターには環境ビデオが流れていて、ヒーリングミュージック
のようなものが聞こえているわけで、本当はとっても快適空間なはずなのに、
どうもドキドキしてしまう。

それにしても歯医者っていうのはどうして人の口に手をつっこんだままで
質問をするかねー?答えられないっつーの。
それと、ちょっとした独り言をやめてください、先生。
「ん〜〜〜〜〜〜。」とか言われるとすごく不安になるんですよ……。

セラミックにも保険を適用できたなら笑顔の人が増えると思います。
高いよな〜、本当。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »