« おめでとうヨコハマ | Main | 標本 »

Dec 17, 2004

日本-ドイツ

赤ユニのドイツ。
加地、茶野、田中、三都主の4バックにイナ、福西のボランチと
藤田、小笠原、FW鈴木、高原、GK久しぶりの楢崎。
前半は基本的にドイツペースで、小笠原を起点に加地の鋭い
オーバーラップなど少ないチャンスがあるも0-0。
後半、ちょっとした気のゆるみにつけこまれてクローゼに
得点されると途中投入された遠藤とか大久保のフレッシュさも
どこかへ霧のように消えてゆき、玉田が何気にみせたドリブルに
心躍る一瞬があったものの、点を取ろうと前がかりになった
ところを攻められてあれよあれよという間に3-0に。
危ない場面はもっとたくさんあって、DFとの連携の問題もあるのか
楢崎も不安定で、怖かった。
イナも高原も力を見せられず。
三都主のミドルをカーンが止めたのはすごかった。

集中力の途切れた後半は特に連携がバラバラで、もうワタワタと
個人個人が振り回されるしかなく、見ていて辛かった。

点差以上の力の差を感じる試合でした。
試合は3-0で負け。

副音声がおもしろかったです。

イナってなんか若返ってない?髪が伸びたからかな?
今日はイナの役割がとっても中途半端な感じがしました。
そして、高原がなんか足が遅いように見えてしかたなかった。
それとボールが足につかないでツーステップみたいになって離れて
しまうのが……。

今年の代表の試合は終わり。
来年の最終予選、そして本番に向けて、湧き上がる漠然とした不安。
風邪を引いた時みたいな心のだるさ。
親善試合だしね。ドイツ-韓国戦はどんな感じになるだろうか。

しかし、国歌斉唱ってどういう基準で、誰が決めてるのかな。
不思議です。

|

« おめでとうヨコハマ | Main | 標本 »

Comments

おとうさん
リハビリとコンディションづくりがうまくいったのかも。
あとは実戦へのフィットでしょうか。がんばれ!イナ!

chikiさん
ギドさんとリティさんですが、ウィットといいましょうか?
そのテイストがとっても楽しい。お話が上手。2人とも若くて、そして溌剌とした明るさに包まれて、頭のいい方であるなぁ、と。
ドイツと日本と両方を愛してるその愛し方が、せつなくも楽しくもあり、日本サッカー界にとって強烈な宝であるお二人だと思いました。
ギドさんがやんわりと「アレックスをこきつかわないでほしい」とか言ってました(笑)。
ホリウチさんの君が代は歌い出しのキーが絶望的に高かったので、どう修正するのか見ものでしたが、砕け散っていましたね〜♪ま、ベテランでもあの大舞台でアカペラでっていうとあがってしまうのでしょうね。
ぜひジョン・健・ヌッツオさんに歌っていただきたかった!

Posted by: cocoa | Dec 18, 2004 09:16 AM

副音声、おもしろかったですか?
気になります・・・まだ録画見てないんですが。
それにしても堀内孝雄の君が代、「あの~」って感じでした。最後はかなりヤケクソっぽい歌い方で。笑ってしまいました。

Posted by: Chiki | Dec 18, 2004 12:16 AM

>イナってなんか若返ってない?髪が伸びたからかな?

ふむ、可愛くなったな、と思いましたね、私も。
少しやせた感じもしましたね。

Posted by: おとうさん | Dec 17, 2004 06:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本-ドイツ:

» [サッカー][日本代表]ドイツ戦検証 [サッカーのある幸せ]
試合から少し時間がたって冷静になったので、ドイツ戦を振り返ります。 いつも冷静な分析で納得させられてしまう”日本勝て”さんのドイツ戦検証です。 ドイツ戦 1... [Read More]

Tracked on Dec 19, 2004 10:14 AM

« おめでとうヨコハマ | Main | 標本 »