« 人の犬を愛でる | Main | ニックネームはどうなるか? »

Nov 08, 2004

中田英寿のサイド

・インテル-フィオレンティーナ。
久しぶりに一試合分の中田英寿を堪能しました。
フィオレンティーナ自体がなんだか調子よし。

積極的に攻めに絡み、彼の出す何度かの美しいスルーパスを見た。
陣地が広がるようなパス。美しい角度が陣地を創り出す。
見えない破線が実線になる瞬間を見せてくれるようなスルーパス。
いよいよ復調してきてくれた!ヒデ。
大きくパスを出すときの両腿が、「コンパス」のような美しさだった。
円を描く時に使うコンパス。

たくさんのピースがあるんだけど、中田英寿というピースは
鋭角的で、混ざりにくくて、華やかなもの。

日本代表には、しばらく彼のスパイシーな力が足りなかった。
ぐっと濃度を濃くするというか、遠近感を強くするというか、
リアリティを上げる、というか。

今日の中田英寿は、目で追うのが楽しい選手に戻っていた。
これからがとっても楽しみです。
試合は1-1のドロー。

*中田英寿、髪の毛のサイドの刈り込みが、今日はちょっと
「コボちゃん」みたいでした。
「くすっ」っとなってしまいました。


・今野泰幸という人は、あたりまえに鉄人で、休まなくても平気、
そんなの誰も驚かないということになってきたのかー!すごい。

・今 FC東京ナビスコ優勝特番@テレ東 をちょっとウルっとしながら
観てたんですけど、終わり方がものすごく中途半端で不思議だった。
原さんが土肥にPKの5人目を蹴る?って聞いたとか。
誰も手を挙げないので加地が「俺、やります」って言ったとか。
その話の途中でぶつっと終わった。

・カズががつんと点穫ってて、やるなぁと思いました。
漢だなぁ。
言い訳しない人だ。いつだって。
心にあることを目に見える形にすることは、難しいことだと思います。
見えないものを見える形にする力。
ゼロから1を生み出すことはいつも、奇跡だと思う。

|

« 人の犬を愛でる | Main | ニックネームはどうなるか? »

Comments

gazettaさんが書いていらっしゃいましたが、選手選考は監督の
最も尊い仕事のうちの一つだと思っています。
それは聖域といっていいのではないでしょうか。
誰を選んで、どう考えて、どう使うか。
それで結果がでなければ監督の責任。

ただ、まわりはワイワイ言うのが楽しいわけですが(笑)。

これからの磐田は注目ですね。かなり厳しく見守りますよ(笑)。
山本さんを。

浦和とFC東京はアテネ世代の力をうまく使えていて、
決勝でのFC東京ははえぬきもいい仕事をしていたりして、
各世代の融合が素晴らしいと思いました。

Posted by: cocoa | Nov 09, 2004 12:05 AM

「中田英 寿司」のサンド(イッチ)・・1万2千人の町の駅前の寿司屋さん。仕出しもするけど、軽食もやってて、サンドとコーヒーも出るぞ。以外に美味い・・・

じゃなくてナビスコ決勝は素晴らしかったですね。今野、鈴木啓太、田中達、トーリオ、茂庭・・・Fマリノスの田中隼とか皆活躍してるじゃない。今野と啓太は素晴らしかったね。
誰が優れているかのテストじゃなくて、どう組み合わせ、どう活かすかのテストをしなくちゃねえ。そこが山本さんとトルシエさんの「テスト」の違いでした。
だから代表にカズを入れたって良いのですよ。それをねえ、あの方が上手くやんないから~・・・・

Posted by: くまおま | Nov 08, 2004 01:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中田英寿のサイド:

« 人の犬を愛でる | Main | ニックネームはどうなるか? »