« 友達に戻れない | Main | ジーコジャパンドリームチーム »

Nov 24, 2004

未来世紀5thランナー

新宿の果てしなく猥雑な喧噪を抜け店に入ると、
そこは大切なモノを守り育むためにできた小さなパティオの
ような格好で、六帖程のステージを取り囲む客席は満席である。

ステージに置かれた椅子は八脚。
ダンサー4人とギタリスト2人歌い手2人の合計8人。
入れ替わりながら踊り、歌う。

PB230050.JPG

カンテのスキンヘッドの男がこのショーを仕切っているのだろう。
未来から降り立ったような不思議な存在感を持つ人だ。   
素晴らしい声をしている。

PB230068.JPG                                                                                         
耳にはシルバーのピアスが光る。この男だけがある程度の年配で、
他のメンバーは20代前半から30くらいまで。
若いが皆ある水準に達する芸を身につけている。
トーキョーのスペイン料理屋で毎日ショーに出ている、という、
地の果てに辿り着いた人の緩さはない。
若く、強く、真摯な踊り手、歌い手、弾き手だ。

PB230080.JPG
バルセロナ出身の若いバイレの踊りが満場の注目を浴びる。

客の視線はかなり厳しいように思う。
青年は美しく、踊りは真摯なものであったが、包容力のようなもの、
なによりフラメンコに重要な「色気」がまだ決定的に足りない。
蜂蜜のように黄金に輝くとろみ、のようなものが。

それで最後のメンバー紹介では、スキンヘッドのボスに賞賛の拍手が偏った。
彼の声と、所作、そして存在への敬意の拍手。

舞台とは厳しい場所である。
遠い遠い東の果ての酒場で踊る人よ。
半年後バルセロナに帰る時、何を想うのか。
   
未来世紀ブラジル+フィフス・エレメント+ブレードランナーのような、
懐かしいSFの香りのする夜でした。                                                                                                                  

|

« 友達に戻れない | Main | ジーコジャパンドリームチーム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未来世紀5thランナー:

« 友達に戻れない | Main | ジーコジャパンドリームチーム »