« 不思議なモノを触る | Main | アテネ五輪女子 JPN-SWE »

Aug 11, 2004

狂おしいほど蝉。

広山ベルディには驚いた〜。
 色々な人が驚いているようで、驚いているところ。

・広山望世界の旅(日本編)ということかな。

・明日はもうなでしこの初戦。どきどき。
 (なでしこっていう呼び方もすっかり慣れました。)

・ギリシャのこの時期の時差は日本のマイナス6時間

・なんとなくオマーン関連の本を図書館で借りてみた。
 これから読みます。

・今頃みなさんカーボを食べまくっているのだろうか。

・NHKでやっていた山本JAPANアテネへの挑戦みたいな番組で
 印象に残っている場面を。

 ブラジル入植者である闘莉王のお祖母様の言葉。
 「辛抱すること。人様に可愛がっていただけるような謙虚な人間に
 なること。感謝を忘れないことなどをわたしは子供達にも孫たちにも
 ずーっと言ってきかせて教え込んで来たんです。」

・もう一つ。
 山本さんの言葉
 『オリンピック予選のUAEラウンドに出発する前、メンバーから外れた
 大久保が宿舎に挨拶にきたのです。
 みんなに「頑張って来てくれ」と伝えるために。
 その時、わたしは「ああ、こいつは大丈夫だ、日本でいい調整をして、
 必ず(日本ラウンドでは)やってくれると確信した。』

・アテネ備忘録が今から楽しみ。

・ココログ重すぎ。
 

|

« 不思議なモノを触る | Main | アテネ五輪女子 JPN-SWE »

Comments

闘莉王が年長者に対して、尊敬と同時に畏怖の念を持っている、
圧倒的な経験値の違いを感じている、それが伝わってきました。

家族の力を感じました。

闘莉王の、普段おだやかな瞳に炎が宿る時、なにかが起きる!

高校時代のエピソード、楽しみにしてますね。>そーたさん

Posted by: cocoa | Aug 11, 2004 11:01 AM

闘莉王のおばあちゃん
声がデカくて、声にチカラがみなぎってて、ポジティブで、お元気で。

「血を引く」って言葉がありますが。
そう思いました。

たぶん、
おばあちゃんが大好きな闘莉王。
日本での高校時代のエピソードを、
いつかblogに書こうかな、
と思ってますが。

おばあちゃん似の闘莉王、私も応援します。

Posted by: そーた | Aug 11, 2004 07:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 狂おしいほど蝉。:

« 不思議なモノを触る | Main | アテネ五輪女子 JPN-SWE »