« ASIAN CUP 日本-タイ | Main | ASIAN CUP 日本-イラン »

Jul 26, 2004

u-23日本-u-23オーストラリア

血の涙

長居、暑そう。
オーストラリアは強くてうまくて組織もしっかり。やるべきことをしっかり
やってるって感じの成熟したいいチームだな、という印象。

試合は0-1で負けたわけですが、スポナビの試合後の選手たちのコメント
を見ると、なんかとーっても大人なんですよね〜。言ってることが。
(除く平山)
このチームは妙に達観しているというか、現状認識がしっかりしている
というか、伊達に谷間とか呼ばれていろいろ苦難の道程をたどってないな、
っていう感じがします。(偶然が必然に擬態したのか。)
精神的なタフさをぐんぐん身につけているというか。

夏休みに伸びる身長のような。
もうちょっと足りないかな。もうちょっと伸びれ。

流血。
高松の血の涙は、かなりの劇画調でしたよ。

菊地、駒野、森崎、大久保と調子よさそう。特に菊地。
黒河もよかったんじゃないでしょうか?
平山は心がついていけてないのかなー、やはりこの年代の2〜3歳の差っ
て大きいのかな。ファウルもいっぱいでしたが。

チームの出来上がり具合みたいなことは、ぜんぜんわかんないや。

さて、ぜんぜん話は関係ないんですけど、
サッカーには独特の言葉の使い方がありますね。

「すらす」 とか。
 
わたしは「サイドに流れる」っていう言い方が好きです。

なんというか、連動する動きのスムーズさみたいなものが表現されていて。

「裏」 っていう言葉もなんとなく好きです。
「縦」 もいいなぁ。って、何言ってるんだかわからなくなりましたが、

 なんとなく伝わっているものと思っております。

|

« ASIAN CUP 日本-タイ | Main | ASIAN CUP 日本-イラン »

Comments

チラ見しましたけど、エメルソンがはりきってましたね(笑)
18人は少ないよなー。どう考えても。

Posted by: cocoa | Jul 27, 2004 10:40 PM

今日ね浦和とインテルの試合見たんですけどね、CSで。
やっぱろ山瀬と啓太はかえすがえすも惜しいです。

Posted by: おとうさん | Jul 27, 2004 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference u-23日本-u-23オーストラリア:

« ASIAN CUP 日本-タイ | Main | ASIAN CUP 日本-イラン »