« 今週のJなど | Main | U-23日本×トルコ選抜 »

May 26, 2004

PUNCH-DRUNK LOVE

B00018GXE8.09.MZZZZZZZ.jpg
PUNCH-DRUNK LOVE パンチドランク・ラブ

晴れた平日の午後、なぜかひとり映画館に来てしまった。
郊外の小さな映画館。
外はピカピカのお天気だというのに、館内はひやりとしている。
まばらな人影。持ち込んだサンドイッチを頬張りながら、
ポール・トーマス・アンダーソン監督特集の二本立てを観る。

一本は『マグノリア』だ。
『マグノリア』は別れた恋人と観た。
映画を観た後、大喧嘩をして、そしてしばらくして別れてしまったのだ。
彼はベルツノガエルというカエルを飼っていたが、そのことと、大喧嘩と
『マグノリア』との相関関係はなかったと思う。もう忘れてしまったが。

さて、パンチドランク・ラブ。
アダム・サンドラーのお芝居を観るためのお話のようにも思えるし、
あらすじにしてしまうと他愛のない物語のようである。

家族(特に姉たち)にスポイルされた変わり者の主人公(アダム・サンドラー)が、
恋をして、ぐっと恋におちて、ピカピカに輝く話。

たぶん忘れてしまう。
だけど、いくつかの忘れ物がわたしの中に残された。
彼の着ていた青いスーツと、ハーモニウムという小さな鍵盤楽器と、プリンと、
上のジャケットにもある二人がシルエットになったキスシーン。

落書きみたいに残された、綺麗な色のシーン。

それとあれだ、なんか落っことすのが好きですね、この監督は。
ちゃぶ台みたいに、世界をひっくり返すヤツ。笑っちゃう。

(マグノリアとパンチドランク・ラブの二本立ての映画が上映されている
 映画館がきっと世界のどこかにあると思います。たぶん。あったらいいな。)

|

« 今週のJなど | Main | U-23日本×トルコ選抜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference PUNCH-DRUNK LOVE:

« 今週のJなど | Main | U-23日本×トルコ選抜 »