« タン塩、ロース中心で! | Main | 忘れた頃にやってくる »

May 01, 2004

叶わぬ欲望

 人の視線を記録する機械(キカイって…。)っていうのがあります。

 よく、初心者ドライバーと熟練ドライバーの目線の違いを示したりして、
「ほら初心者は視野が狭くて近いでしょ?ベテランは目線を遠くに保ちなが
ら重要なサイドミラーやバックミラーをいいタイミングで見ているんですよ。」
とか解説されてたりします。
 どのような仕組みなのかよくわからないですが、首や目の回りの筋肉なんかの
動きで、瞳の動きを推測するのでしょうか。

 あのような感じの道具を進化させて「人の見た目」を再現することはできない
ものでしょうか?中田ヒデとか小野とかに装着してもらって、

彼の視線がとらえた景色、一試合分見てみたい!

素人が見たら"酔う"だろうか。
 
首振りのとき、どんな風景が展開されているのだろう。

 想像するに、わりと漠然とした視界なのではないだろうか?

 誰か一人の動きに一瞬でもひきつけられてしまったら、それで判断がそちら
に偏ってしまったりするのかもしれない。

DFのライン目線、なんていうのも見てみたいですね。

 エメルソンのぶっちぎり加速目線、とか。

 すごーく遠くから飛んでくるクロスがぴたっとボレーする足に吸い付くとことか!

 この映像にはもちろん解説なんてものは一切なし。
本人の息づかいや、キックする時の音、コーチングの声などが リアル音量で入って
います。
 そして360℃から聞こえるサポーターの声も、うねり、反響しながらものすごい
サラウンドで聞こえているのです……。どうですか?見たいでしょ?

…そのような妄想をしていたら、昔観た大好きな映画ブレインストームBRAINSTORM
のことを思い出しました。
 この映画は、視覚や聴覚はもちろん、触覚や味覚、痛みや快感などありとあらゆる
感覚をレコードすることのできるキカイを発明しちゃって、色々と騒動が巻き起こる
というお話です。

 昔の映画なので、それらをレコードするソフトはフィルムのようなものでした。
 映画の中で一人の登場人物が、他人のある記憶の記録フィルムのある部分
切り取って輪っかにして、エンドレスで再生するという場面がありました。

 瞬間を永遠にループって……。

 永遠に続くゲーム。  ねじれてとれない輪っか。

 この映画でクリストファー・ウォーケンにやられたわたくしです。
クリストファーの自嘲気味の笑顔が、藤木直人に通ずるものがあるように思えるの
ですが、それはまた別の機会に是非。

※ サッカーゲームってやったことないんですが、選手目線なのかなー?
  64マリオを最初にやった時、すごく酔ったのを思い出しました。
  そして、ブレインストームのあの記憶再生装置みたいなものは、
  ドラえもんはとっくに持ってるアイテムだったりするのかもしれないなぁ。

|

« タン塩、ロース中心で! | Main | 忘れた頃にやってくる »

Comments

そーたさん
モリシの視線は地を這うようなスピード感がありそうですね。
セレッソのデカいDFを見上げてるときの視線は、眩しそう(太陽が目に入って)。
飴ちゃんのようなお誉めのお言葉をありがとうございます♪

Posted by: cocoa | May 02, 2004 01:03 AM

「彼の視線」という話し、
凄く面白かったので、自分のblogで、ネタにしてしまいました(笑)

私の「視線」は、見れたものじゃないです(爆)

Posted by: そーた | May 01, 2004 05:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 叶わぬ欲望:

« タン塩、ロース中心で! | Main | 忘れた頃にやってくる »