« ドーンと重い | Main | レッジーナの10の続き »

May 12, 2004

Matchstick Men

B0000DKMJZ.09.MZZZZZZZ.jpg
マッチスティックメン リドリー・スコット監督

ニコラス・ケイジ扮する潔癖性の天才詐欺アーティスト。14年前に別れた妻との間に
娘がいると聞かされ、晴天の霹靂ながら、初めて対面した娘のペースに巻き込まれ人生
が動き出すが……。
詐欺師の相棒をサム・ロックウェルがいつもの調子で好演。
ネタバレなしに観てこその価値。

潔癖性の主人公の住む塵一つない美しい部屋はいつもカーテンで閉ざされているが、
窓から見える陽の当たる中庭のプールの照り返しは美しく、輝く。
薬が切れたときに見える歪んだコマ送りの映像が危うい世界の破片のように散らばる。
リドリースコット監督の色彩が美しい始まりの数十分から、ストーリィの仕掛けに
はめられてゆく自然な流れが楽しい。
娘役のアリソン・ローマンもとってもキュート。ガーリィな魅力たっぷり。

先入観無しに観ないと損かな。
わたしはとっても好きでした。
ニコラス・ケイジも変質的で素敵です。


|

« ドーンと重い | Main | レッジーナの10の続き »

Comments

タイトルバックの文字は面白い趣向だった…

でも、ああいうのが好きなら、僕の好きな→も良いのではないでしょうか?http://raku-gaki.com/">http://raku-gaki.com/

僕のところのセンスなんてもう笑っちゃうくらい酷いっすよ…
リンク多いしなぁ…
ニケの画像、お褒めにあずかり光栄です。あれはブライトネス落としてコントラスト少し上げました。ルーブルは天井光が柔らかいので、光があちこちにまわって良いのですが、対象を浮き上がらせるのはなかなか難しいことですね。
昼にワインを過ごした時はルーブルの彫刻部屋でだらーっとしてました。今考えると贅沢な酔いざましの方法。

えっと、渋谷夫人のこと、失礼しました。調査&判明しましたのでご心配かけました。
でも、ばんばひろふみと平山美紀って取り合わせも凄いよなぁ…

Posted by: 発汗 | May 14, 2004 12:06 PM

発汗さんも、お好きでしたか!
最初のタイトルバックの文字フォントがすっごくかわいかったんですよ、
なんかゆらゆら揺れてピューって飛んでいっちゃったりするんですけどね。文字が。(説明しずらい……。)
ネタバレありで話すと止まらなくなりそうな、楽しい映画ですよね!

ニケの写真はとっても綺麗。
暗さというか、部屋の隅の影というか、そういうのが出ていますね。

そういえば先日、鈴木啓太も行きたかったパルテノン神殿についてぐぐってたら、
あそこにもニケに似た首のない女神の彫刻があったんですね。ギリシャに行きたいなー。
小学校の卒業文集に、「ギリシャに行きたい」って書いたわたしです。ミコノスにも行きたいなぁ。

渋谷さんの奥様についてはわたしにも情報がないです。(笑)

Posted by: cocoa | May 14, 2004 12:39 AM

これ好き!
最近見た映画の中では出色

CG頼りでろくなプロットや脚本の無い最近の映画にあって、凄く洒落たストーリーと存在感のあるキャスティングが良い。
こうやって書いていると最後の部分を喋りたくてしょうがないんだけど・・・

ニコラス・ケイジは良いねぇ~
この映画では演技しすぎてないし・・・

なんか書くとネタバレに結びつきそうなんで、この辺で止めておきましょう(笑)

Cocoaさんへ私信
1.ニケは私が撮りました、っつーかルーブル行ったら普通に撮るよね?デジカメで撮ってグレースケールにコンバートです。ただ、周りから人がいなくなるのを待って撮ったなぁそういえば・・・

2.平山夫君はばんばひろふみ!?そうかぁ・・・てっきり渋谷陽一だと思ってました。じゃあ、渋谷陽一の細君は誰だろう?(ってCocoaさんに聞いてもなぁ~)

Posted by: 発汗 | May 13, 2004 08:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Matchstick Men:

« ドーンと重い | Main | レッジーナの10の続き »