« まちがい探し | Main | タン塩、ロース中心で! »

Apr 29, 2004

日本×チェコ

<日本>
楢崎
坪井 田中 茶野
小野伸二 稲本 三都主 西  藤田
久保 玉田
<チェコ>
チェヒ
ボルフ ウイファルシ ヤンクロフスキー
ポボルスキー ガラセック ロシツキー スミチェル ネドベド
バロシュ  コラー

綿毛飛ぶ昼下がりのスパルタプラハスタジアム。

なぜか今日はものすごくコンディションよさ気。
特に小野ちん、めちゃくちゃ軽やか。玉田、久保も。

前半からやたらバランスがよい。
シュートもことごとく枠に。イナ、小野ちんのFK、久保のシュート。
14分 玉田自分でカットして持ち込んでのシュート、おしい。
32分 久保の左炸裂、1-0。

西→加地
後半はチェコが巻き返す。

17分 玉田→ヤナギ
    イナ→遠藤
19分 ヤナギのモモシュート 惜しくもオフサイド。
28分 茶野がオサレ?危ない。大丈夫。
32分 楢崎スーパーセーブ連発。
33分 アレ→三浦
    藤田→本山
    小野→福西
その後も楢崎の活躍は続く。

今日は審判を味方につけて、43分半くらいで終了ー。

とてもおもしろかった。代表の試合を久しぶりに楽しめました。
どうして急にこんなによくなったのでしょうか?
みんな落ち着いていたし、最後まで集中して守り切ったところもよかった。

教えてくださいだれか…。
チェコはどうしちゃったのですかー?これでいいの?正常?
怖さがぜんぜんなかった。   

|

« まちがい探し | Main | タン塩、ロース中心で! »

Comments

そうなんですよ。
ただ人選のポイントは2点。
「こまねずみ」今回の藤田のように、チームのために惜しみなく走りきる選手が必要です。森島待望しております。
おりたさんの所に、たしか、また「良い人もりしま」のトラックバックがありました。うるうるきました。
「こわしや」戸田とか「バランサー」明神とかが中盤に欲しいですね。
そしてジーコはそういう選手を選ばない。
特殊なこだわり
特殊な選考眼
超頑固おやじ
なので無理っぽい。
近所の鉄工所に居そうなタイプのおやじですね。
「ジーさんよお。うでゃええのによお、がんこで客えらびやがるんだ。それによう弟子におしえねーんだよ。『見てろ』ってしかいわねーんだ。おしえかたしらねーんだよ。
仕事おえたらだまーって帰っちまうんだ。
もう何年も前から『おくさんに営業まかせて、黙って仕事受けろ』って言ってきかせてもだめなんだ。
そーすりゃビルの2つも建つのによ。
そのくせ、マツリダワショーイ(だれか風)だぜ。
人はわかんねーもんだよ。」

Posted by: くまおま | May 02, 2004 06:30 AM

おとうさんは、メンバーによる化学変化説(主にジュビロ的な)。
くまおまさんも、偶然がもたらしたメンバーの地力と、2試合を通した工夫と
コンビネーション、そして田中マコの現場感覚が。

なーるーほーどー。

ところで、『「ジーコの戦術的負荷」がなくて、選手任せにするとそれなりに良い結果がでる』のであれば、
人選さえ間違わなかったらジーコのやり方もまたよし、ってことになっちゃうのでしょうか?

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/apr/o20040430_10.htm">http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/apr/o20040430_10.htm
この記事でベッケンバウワーさんが、

—日本代表の印象は。
 「身体的なコンディションが十二分に準備され、スピードなどフィジカルも強く、
組織としての規律面が高かった。2年前のW杯では非常に印象的だった」
って言ってるんですけど、あれから2年たって、監督がジーコに変わっても、ぜんぜん
印象が変わっていないところがスゴい。

これまでのとっちらかっていた試合とは比べ物にならないくらい、
チェコ戦に限ってはとってもスマートに整備されていましたものね。印象として。

Posted by: cocoa | May 02, 2004 12:41 AM

こう謎解きをしてみましょう。
今回の遠征チームのほぼ2試合目である。
守備の3人+藤田+西+久保+玉田(おまけのアレックス)+楢崎

そして2試合目にしてすでにコンビネーションが出来あがった。
練習はシュート練習のみでジーコ監督から余分なレクチャーなし。

つまりJ-KETで僕が以前かいたことがあったんだけど「ジーコの戦術的負荷」がなくて、選手任せにするとそれなりに良い結果がでるんじゃないかと思います。

そして「一人余るDF」を無視した田中の英知。
名波の言う所の「こまねずみ」を実践した藤田の正しい運動量。

どうでしょうか?

Posted by: くまおま | Apr 30, 2004 08:19 PM

日刊スポーツの解析も興味深いですよ。
私はこれを日本代表「ケガの光明」と名付けました(笑)

藤田のショートパスの成功率は、中田、中村を大きく上回そそうです。リズミカルな攻撃はやはりジュビロテイストからでした。
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/column/kaiseki/kaiseki_top.html">http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/column/kaiseki/kaiseki_top.html

Posted by: おとうさん | Apr 30, 2004 08:15 PM

おとうさん、増島さんのところの御紹介ありがとうございます。
藤田の発言が気になるところ。

http://allabout.co.jp/sports/domesticsoccer/closeup/CU20040429A/index.htm">http://allabout.co.jp/sports/domesticsoccer/closeup/CU20040429A/index.htm

チェコが1トップじゃなくて2トップであったこと、日本が3バックと楢崎を中心にみんなで
助け合って組織立てた守備ができたこと。
玉田がうまくキープしたり、アレックスのサイドをうまく使えたこと。
久保がドラゴンだったこと。小野と稲本の関係がよかったこと。
藤田、西が汗かき役をこなしたこと。
チェコが新システムや新しいメンバーのテストを兼ねていたこと。

3バックと4バックは数字の上での意味のない数合わせでしかないのなら、
なぜジーコは今まで4バックにこだわっていたのか?
機能している4バックは3バックよりエラいのでしょうか?
好き嫌いなの?

システムのことは置いといて、
最大の謎は、できるならなぜ最初からやらないんだ、選手たち!
ってことなんですけどね。
みんなで話し合って約束事を擦り合わせしただけで地力で戦えるのに、
なんで今までバラバラだったのかなぁ。
メンツの問題?それともわざと?
…と、ひとりごとを連発しているcocoaなのでした。

Posted by: cocoa | Apr 30, 2004 12:35 AM

ますじまさんちに行って、談話を読むと少しは謎が解けるかもです。

http://www.masujimastadium.com/document.php?cmd=DispFrame&doc_parent_id=63&PHPSESSID=b45a36c9a37441db00539b4225b51b62

Posted by: おとうさん | Apr 29, 2004 05:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本×チェコ:

» サッカー日本代表/FIFAランク9位のチェコに1−0で競り勝つ [ノーザン・アメリカン・チョップス商会 実験2]
サッカー日本代表/FIFAランク9位のチェコに1−0で競り勝つ [Read More]

Tracked on Apr 29, 2004 04:17 PM

« まちがい探し | Main | タン塩、ロース中心で! »